青汁を選ぶときは口コミで人気の商品を試してみましょう。売れ筋商品から選ぶなら、ドラッグストアの人気商品を選択すれば失敗はありません。目立つところに置いてある商品ほど売れており、口コミ評価が高い青汁だと考えてよいでしょう。

美味しいという意見と不味いという意見が飛び交う青汁

かつての青汁はほとんどの人が不味いと言っていましたが、最近は美味しいという人も増えてきています。美味しい・不味いを分けるのは好みの問題もあるため、実際に飲んでみないと相性はわかりません。ただ、昔と比較すると成分調整が繰り返されており、格段にクセがなくなっているのは確かです。昔は苦味・えぐみを感じる青汁が多く見られましたが、最近はマイルドな風味になっています。

そのため20年前はまったく青汁を飲めなかった人が、今は美味しいと言って毎日飲んでいるほどです。素材の改良もされてブレンド調整するなどして、お子さんでも飲めるように調整された青汁もあります。いずれにしても売れ筋商品は口コミ評価が高く、クセのない商品が多いと言えます。

正しい飲み方をしないとダイエット効果は表れない

青汁でダイエットをするためには、正しい飲み方で続けることが大切です。具体的な飲み方についてはパッケージに記載されていないことが多いですが、基本的に飲みすぎなければ問題はありません。粉末青汁なら1日3~10gの範囲で飲むのが好ましいとされており、上限は15g程度に抑えておくとよいでしょう。たくさん飲むのではなく、適量を毎日継続することが大切です。

置き換えダイエットに活用するなら、夕食と置き換えるのが一番よいです。夕食はカロリーが多くなりがちですし、就寝前の食事は胃にもたれやすくなっています。胃腸への負担を軽減するためにも、夕食と置き換えるのが理想的です。口コミでも夕食と置き換えするのが一番よく、便秘解消や目覚め改善なども期待できるという意見が見られます。

水で割ると薄く感じる青汁も

青汁は商品によって濃さが異なり、水で割ると薄く感じるタイプもあります。一般的には3gを100mlの水で溶かして飲むのが目安であり、5gなら150~200ml程度の水で飲むとよいでしょう。水が多いと薄く感じてしまうので、この場合は少し水を減らして調整すれば問題ありません。自分が一番美味しいと思える飲み方をすることが、継続するコツと言えるでしょう。

水で割ると美味しくないと感じる場合は、牛乳や豆乳で割ってみるのもよいです。風味がまろやかになりますし、カルシウムやタンパク質を補給するためにも役立ちます。酵素ドリンクに溶かして飲んでいる方もおり、お腹の調子を整えることができます。腸内バランスを最適化するためにも、毎日続けて飲みたいものです。

混ぜる飲み物を工夫するアレンジが必要

青汁を水で薄めただけだと、青臭さを感じてしまう方もいるようです。こうした方は混ぜる飲み物に工夫して、少しでも飲みやすくしていきましょう。牛乳と豆乳は最適なパートナーであり、牛乳ならカルシウム、豆乳ならイソフラボンとサポニンを摂ることができます。タンパク質を効率よく摂るためにも最適であり、筋肉を増強したい方におすすめです。

筋肉が減少してしまうと非常に太りやすい身体になるので、筋肉を増やすためにもタンパク質を摂ってください。これは肥満の予防だけではなく、基礎代謝を高めることにもなるのです。代謝が活性化すれば糖質も速やかに燃焼してくれるので、血糖値の急上昇を抑えることにもなるでしょう。生活習慣病対策としても青汁をアレンジして毎日飲んでください。

青汁は飲むだけですぐに痩せるものではありません

青汁には即効性がないので、継続的に気長に飲むようにしてください。一気に体質を改善しようと思ってもうまくいきません。体質を変えるためには時間が必要であり、時間をかけるほど体質として定着しやすくなります。例えば1ヶ月で痩せ型体質を目指すよりも、3ヶ月かけて改善していくほうが確実性があります。

青汁でダイエットを目指している方は、規則正しい生活を意識した上で青汁を取り入れていきましょう。無理をしないためにも、無理をして痩せようとしないことが大切です。食べたいものを我慢しすぎることが原因で肥満を招くことは少なくありません。肥満体を解消するためには、栄養バランスのよい食生活をまずは3ヶ月続けてみましょう。健康になることで痩せ型体質にもなり、体脂肪の増加を防げるでしょう。

継続して飲むことで痩せやすい体をつくることが青汁の特徴

継続して青汁を飲むことで、脂肪が溜まりにくい体に変えることができます。一般的に肌を変えるためには1ヶ月以上、体質を変えるためには3ヶ月以上かかると言われています。肥満解消のためには体質改善が必須となるので、継続して飲んでいくことが重要です。ひとたび痩せやすい体質に変えてしまえば、少々食べすぎたくらいでは太らなくなります。

肥満の悩みを遠ざけるためには、食べても太らない体になることが何より大切です。例えば大食い選手は大量に食べても脂肪になりにくいですが、これは並外れて代謝が高いからです。一般の人も代謝を高めることで痩せやすい体に変えることはできます。食事制限だけで痩せるよりも、代謝促進も並行したほうが無理なく健康的に痩せることができるでしょう。

飲む量が物足りないという意見も

青汁は1日の目安量だけでは足りないという方もいますが、これは継続を前提としているからです。一度に大量に飲んでもすべて吸収されるわけではありません。栄養素は毎日こまめに摂ることで、身体の一部に変えることができるのです。1日の目安量は3~10gと言われており、これより少し多く飲んでも問題はありません。健康食品のため過剰に飲むことで副作用が起きることは基本的にありません。

ただし、過剰に飲むことで栄養バランスが乱れてしまう可能性はあるので、あくまで健康補助食品と考えてください。不規則な食生活を解消するために飲むのが正解であり、大量に飲めばいいわけではありません。液体タイプの青汁なら1日200mlが適量であり、これで1日分の緑黄色野菜の目安量120gはクリアできます。

食前に飲むだけでも十分に効果がある

ダイエットに効果的な青汁の飲み方として口コミで人気なのが、食前に飲むという方法です。食物繊維がたっぷり含まれているので、食事を適量に抑えやすくなります。空腹の状態ほど食べすぎてしまうので、これを予防するためにも食前にコップ1杯の青汁を飲んでおくのです。粉末タイプなら5gをコップ1杯の水に溶かして飲むのがよいでしょう。液体タイプなら200mlを飲んでおくことで、空腹感を軽減させることができます。

青汁の飲み方には賛否両論がありますが、確実な方法は悩みに合わせて飲むことです。肥満解消のために飲むのか、美容のために飲むのかによってタイミングも変わってくるでしょう。栄養補給のために飲むなら、タイミングにはあまりこだわる必要はありません。

自分に合った青汁を探そう

青汁は自分が飲んで美味しいと思ったものを続けてください。同じ原料を使用していても、メーカーによって味はかなり変わってきます。最近はケールの青汁も美味しくなっており、大麦若葉のように飲みやすいものが増えています。栄養価が高いものがベストではありますが、不味いと感じるなら継続できないでしょう。こうした青汁を飲むためには、牛乳や豆乳・ジュースなどで割るのがおすすめです。自分なりに飲みやすいアレンジを見つけて継続してください。

初めて青汁を飲まれる方なら、粉末の大麦若葉がおすすめです。最もクセのない青汁と言われており、お子さんでも抵抗なく飲めると口コミで人気があります。子供が美味しいと喜ぶものは、大人が飲んでも美味しいと感じるものです。

買う前に成分を見ることも重要

青汁を買う前には口コミだけでなく、成分も確認しておきましょう。青汁を飲むからには健康維持、ダイエット、美容などが目的でしょう。無添加で美味しい青汁がベストですが、内容成分にもこだわる必要があります。ビタミン、ミネラルなどの含有量を確かめておき、一番栄養価が高いものを選ぶのもよいでしょう。

栄養価で比較するならケールが一番ですが、大麦若葉でも飲む量を増やすことでカバーできます。美味しく飲めることも大切なので、最終的に飲んでから決めるのがベストです。価格は高すぎると経済的に厳しいので、続けられる価格帯を意識しましょう。目安量はあくまで目安なので、その日の食事内容によって増減するのもありです。野菜をあまり食べない日は少し多めに飲むなど工夫してください。