8月から9月上旬はうちの地域周辺の神社でお祭りがあります。
大好きなお祭りですが、食べ物1つが500円近くするのが悩みで、みんなで1つずつかったら、あっという間に千円札が2枚ほど飛んでいっちゃうため、
正直生活費が悲鳴を上げてしまいます。

そこで、500円のモノではなく200円のかき氷やチョコバナナとか100円のキュウリなどを選んでもらうことに。

といいつつ、私もお祭りに行くとつい見てしまうのがイカの丸焼き。
でっかいイカは豪快で食べ応えもあるので、丸かじりしたくなります。

でも、あのイカ、胴は500円。
さすがに高いので、家でスルメいかを購入して焼くことにしました。
ちょうどスーパーで100円程度だったので超ラッキー。

ドーンと焼いたイカは香りも良く美味しい。

でも…その後が大変でした。

イカの内臓等のごみが臭いっ。
ビニールにくるんだのに夏だけあってゴミ箱を開けるたびに何とも言えない生臭さが漂ってきました。
この臭い、日が経つにつれ強烈になりゴミ箱を開けるのが恐怖になるほどでした。

そして3日経過、やっとごみの日です。
ついにこの臭いから解放されることに。

やった…。
ごみを出した後は残り臭がするかと思ったら、思ったほどせずホッ。
今度からイカを焼くのはごみの日の前日にすることにします。

Comments are closed.