ついに長かった夏休みも終わり、子どもたちは元気に学校へ…と言いたい所ですが、実際はちょっとぐったり、おとなしめに出かけていきました。
というのも、溜まっていた宿題を終わらせるべく、夏休みの終わる2日前から我が家は修羅場だったから。
小学生最後の夏休みだった息子は、毎年の通り適当に宿題を済ませようとしていました。

でも親としてはもう最後の小学生生活での夏休みの宿題ともあり、そうはいくかと色々やり直させました。
読書感想文は字が汚いし、本の文をそのまま書いていたので全部消させたり、自由研究もいいかげんだったので、模造紙に書き直しなどてんやわんや。

小学校の宿題程度で…と思っちゃうかもしれないけど、中学校に上がったらこんなもんじゃすみません。
夏休みがきても部活はあるし、教科によっては夏休みに苦手科目を見てくれる日があるので学校に登校、さらに宿題と今のように休めないんですよね。
なんというか、たった1年で全然違う休みの使い方になると言うか。

しかも提出しないと成績にも響くと言う恐ろしさ。
なので、中学校踏まえてつい厳しくなってしまいました。

子どもはかなり顔をゆがませていましたが、今までが緩かったんだよ、というかもっと以前からきちんとやらせればよかったと親も反省です。

Comments are closed.