実家に帰った際に、母親がシシトウの炒め物を出してくれました。
昔はシシトウが苦手というか嫌いでした。苦いし、たまに辛いのに当たるしであまりシシトウに良い思い出がありませんでした。

帰省したときに母親が出してくれたシシトウは見た目は昔と同じでしたが、味付けが甘くなっていたように感じました。苦味もありましたが、それがまた甘さとマッチしていて、とても美味しく感じました。

母親にそのことを伝えると、特に昔と味付けは変えていないとのことでした。数年の間に私の舌が大人の味が理解できるように成長したのでしょうか。それはともかく、母親の作ったシシトウの炒め物はとても美味しかったです。

もちろん、帰る前に作り方を聞きました。

Comments are closed.